« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年10月

2016年10月18日 (火)

風邪をひいて死んでました。

おはこんばんにちわ。ぴらです。

タイトルのとおり、前回の更新からほどなくして風邪をひいてしまって、散々な一週間をすごしておりました。幸いにも、今の時期は仕事が閑散期であったからよかった…。まあ、それでも会社に具合が悪い中出社するのはつらかったですけど。


はーいでは、近況を語ってまいります。


前回の更新でも三連休中にどっか遠出したいなあと言っていたのですが、初日の土曜日にJRの休日おでかけパスを買っていざ帝都東京へと小旅行へ行ってきました。


はじめに目指したのは、靖国神社。家を出たときはあいにくの曇り空。天気予報も午前中降水確率60%だったのですが、まあぱらぱら降る程度だろうと気にせず総武線に乗車。
休みなのに早起きして午前中に家を出たので、電車でまどろんでいるうちにあっという間に市ヶ谷駅に到着。


下車してみるとびっくり。


ちょう大雨。


完全に天気予報を甘く見ていたぼくの装備は、サイズ控えめの折りたたみ傘のみ。でも大丈夫。市ヶ谷駅から靖国神社まではぼくの足なら歩いて10分もかからないはず。そうしてぼくはちっちゃい折りたたみ傘をさしながら、両肩を雨に濡らしつつ靖国神社を歩いて目指します。


思惑どおり、10分も歩かずに靖国神社へ到着。まあ来るのは初めてじゃないので別に意外でもなんでもないのですが…。悪天候だというのに、参拝者の方が結構たくさんいらっしゃいましたね。晴れていれば本殿やでっかい境内を撮影したり歩いて回りたかったのですが、雨がうっとおしかったのでまっすぐ遊就館へ。


遊就館という施設は、簡単に言うと日本の戦史博物館です。


靖国神社そのものは、明治時代以降のあらゆる戦いで戦死した日本の軍人さんを祀る神社なのですが、この遊就館は古代から太平洋戦争までの武具や遺品を展示している、国内有数のちょうすごい博物館のようなところなのです。


なんでこんなところにわざわざ足を運ぶのかというと、実はぼく、19世紀末から20世紀にかけての日本史・世界史・戦史がかなり好きなのです。今思えば、大学もこういう歴史を勉強できるところに入ればよかったなあ…。


まあそれは置いといて。


なのでこの遊就館は、ぼくにとってはそれはもう1秒たりとも退屈しない最高に楽しいところなのですよ。戦没者をお祀りする神社の敷地内ではしゃぐなよって話ですが、近現代史大好き人間としてマナーをしっかりと守って観覧してまいりましたのでご安心を。二回目だしね。


今回はいくつか写真を撮ってきましたので、貼り付けつつご紹介しますね。




Img_1057
まずは多くの皆さんがご存知のゼロ戦こと、零式艦上戦闘機五二型。
簡単にご説明すると、太平洋戦争初期に無敵神話を作ったゼロ戦の改良型です。
かわいい艦娘たちがたくさん出てくる某艦隊ゲームでも空母艦載機として出てきますね。
初期型よりエンジンや武装等がちょこっと強化されていましたが、もともと防弾設備を省くなどの超軽量化をして高機動力を確保していた戦闘機だったので、戦争末期に登場した米軍機の性能に比べるとどうしても見劣りしてしまうのですが、かっこよくてとても強かったわが国の傑作戦闘機です。

まさに「当たらなければ、どうということはない。」




Img_1058
次は九七式中戦車。
某戦車道アニメにも登場する帝国陸軍を代表する戦車です。
通称チハ車。(中戦車の「チ」と三番目に採用されたのでイロハの「ハ」)
採用されたばかりの1930年代中期のころは、戦車としての性能は世界水準だったんだけど、その後の欧米列強の戦車の進化に取り残されちゃって苦戦を強いられ
「ブリキの棺桶」とまで呼ばれちゃった悲しい戦車。本来は歩兵支援の為の戦車で、対戦車戦闘を考慮されてなかったんだから仕方ないよねえ…。
米英軍相手にはめっちゃボコボコにされちゃったけれど、中国戦線や初期の太平洋戦線では陸軍の快進撃を支えた貴重な機甲戦力だったのですよ。


おっと…なんか簡単に説明したつもりが、どんどんミリオタっぽくなってきちゃう気がする…。写真と説明はこのへんにしておきます^v^;


展示物はかなりの数があって、普通に全部じっくり見て回るだけでも二時間はかかります。
それに加えて、映像資料やドキュメンタリー映画なんかも上映していますから、普通に三時間は余裕ですねえ。ちなみに売店と食堂もあって、100年前のレシピを再現した特製海軍カレーも食べられますよ。


遊就館二回目とはいえ、じっくり見て回ったので結局三時間近くかかっちゃってすでに時間はお昼過ぎ。移動しようと外に出てみてびっくり。バケツをひっくり返したようなちょう大雨になっていました。それでも時間が惜しかったぼくは、あろうことかその大雨の中市ヶ谷駅までの突破を図ります。


…はい、めっちゃ濡れました。ていうか、頭意外全部濡れました。


しかも電車は遅延してなかなか来ない…。こんなことなら、九段下から地下鉄に乗ればよかったのかもしれない。


市ヶ谷から次に向かった先は、有楽町。そう、銀座です。
銀座と言えば、完全にブルジョワの街であり貧乏人のぼくにとっては完全なアウェーなわけですが、それでもココに来なければならない理由があったのです。


それは


うなぎを食べるためです。


去年から…いやいやもっと前かな、とにかくかなりの期間ぼくはうなぎを食べていなかったので、それはもう食べたくて食べたくて仕方がなかったのです。


イベントが終わった後に、原稿がんばった自分へのごほうびのために行こう逝こうと思っていたらいつの間にか年単位で時間が経ってしまったという、まあぼくにしてみればあるあるなんですけど。


とにかく、今日こそはうなぎを、しかも銀座のちょっと高いやつを食べてみんなにも自慢してやろう!!と心に秘めつつぼくはうなぎ屋さんへ。


向かった先は、「野田岩」というお店。本店は麻布のほうにあるのですが、なんと200年前からあるちょう老舗です。ネットでメニューを見ただけでもめっちゃ高い…けど、ぜったいおいしいに違いない…!!そう思って期待で胸が一杯になって空腹感を忘れるくらい楽しみにしながらいよいよ入店…っ!!上品な着物を着た店員さんが出迎えてくれて席へ案内されます。あれ?絶対に並ぶと思ったのに、意外とすんなり案内されました。


まあそうですよね。
土曜日の昼間にひとりで高級なうなぎ屋さんに来るほうがどうかしていますよねハハ…。


案の定、ぼくの席の周りはみーーんな家族連れ。しかもなんかあれです、お金いっぱい持っていそうなひとばかり。オーラがね違うんですよオーラが。


それを目の当たりにした瞬間、ぼくは急に恥ずかしくなってメニューをじっくり選んでいるフリをするのでした。ネットでメニューをあらかじめ調べて、頼むものを決めてきたくせになにやっているのやら…。


ぼくは鰻重を注文しました。鰻重にもレベルというか値段の階級みたいなものがあって、ぼくが頼んだのは5段階あるうちの下から二番目でした…。でもね、これでも3300円するんだよ…?一番上のやつなんか5400円だよ??ぼくにしては…がんばったんです。

そしてやってきたのがこちら。



Img_1072


もうね、まず見た目の高級感が半端ない。3300円って聞いて最初は高く感じたけれど、実際に目の前にすると安く感じちゃうレベル。


Img_1069


そして口に入れてみると、歯ごたえがふわっふわでいつまでも口に入れていたいのだけれどすぐになくなっちゃう。


久々なのもあって、おいしくておいしくてあっという間に食べきってしまいました。


食べ終わって一息つきながらお茶を飲んでいると、隣に座っていた、おそらく大陸系のご家族だと思うんですけれど、すごいんですよ。


ぼくが来店する前からすでにいらっしゃったんですけれど、頼んでいる量がねすごいの。はじめに蒲焼とビールを頼んでちまちまやっていたかと思うと今度は鰻重の、ぼくが頼んだやつよりも相当でっかいやつが来て、さらにそのあとにまだ蒲焼頼んでいるんですよ。三人家族でちびっこもいたのでおとうさんが主に食べていたんですけど、あれお会計いくらだったのかなあ…お金持ちだなあ…。


それを見ていたらまた段々ここにいちゃいけないいわゆる「THE・四面楚歌」な気がしてきたので、そそくさとお会計を済ませてぼくはお店を出て有楽町駅へと向かいました。お会計の際にも、店員さんが「カードでのお支払いでよろしいですか」って聞いてきたのびびったなあ。カードじゃないとだめなくらいみんなお金使っているの…?ぼくは即座に、こう答えました。


「いえ、現金で。」


山手線で駅ひとつだけ乗って東京駅から中央線青梅特快に乗車。ここから先は、あてもなくただひたすらに西へと向かいます。


西東京って、なんか個人的に未開の地なのでわくわくするんですよね。小さいころに立川に住んでいたことがあるんですけれど、ほとんど記憶にないので新鮮なんです。


立川駅を過ぎて、青梅線区間に入るとびっくり。



駅に着いても、なんとドアが開きません。


アナウンスも「出たければ自分でボタンを押してね♪」って言ってます。すごいなあ青梅線。日本じゃないみたい。ローカル感丸出しな雰囲気でぼくはどんどん西へ西へと向かいます。


東京駅を出てから約1時間。終点青梅駅に到着。うわ、ていうか山!山がめっちゃ近っ!ここ本当に東京なの??


さらにここから奥多摩とかいう人間がまったく住んでいなそうな山までいける電車が出ています。でも時刻表を見ると1時間に電車が2本しかない…。とりあえず駅を出て散歩でもしながらこれからどうするかを考えようと、駅を出てみました。


が。


なんにも、ない。


ある程度想像はしていたけど、いくら歩いても本当に何も無い。ていうか、まず人がいない。歩いていない。


ダメだここ。ここには長くいちゃいけない。



都会育ちのぼくにはこの場所に長居することができませんでした。


青梅駅に戻って立川方面へ逃げ帰るぼく。しかし途中で思い出しました。
そういえば最近ツイッターでよくRTが回ってくる「多摩ワールドコーヒー」ってこの近くじゃなかったっけ。かわいいマスコットキャラのたまこちゃんがツイートするアカウントを思い出して、ぼくはお店に直接向かうことにしました。


途中の河辺駅で下車し、徒歩でお店へ。しかしさすが田舎。お店まで結構距離がありました。でもここをがんばればおいしいコーヒーを飲みながら休憩ができる。。。そう考えながら歩きました。


しかしお店に到着したとき、ぼくは大きな勘違いをしていたことに気づきます。


こんにちはー…っと来店するとそこにはテーブル席も椅子も無く、お会計カウンターがあるだけ。


あれれ??


これは…もしかして…


そうです。喫茶店ではなかったのです。


焙煎したコーヒー豆を直接販売している専門店だったのです。
ぼくのちょう勘違いでした…。店長さんごめんなさい…!


でもでもせっかく来たので、たまこちゃんのマグカップを買わせていただきました。


Img_1085_4


さっそく使っています。かわいい。


そして再び河辺駅へ。駅へたどり着いた段階でへとへとだったのでここでちょっと休憩。立川駅まで戻ります。


立川駅で降りて最初に思ったのが
「人間がたくさんいる!帰ってきた!!」でした。


でももう夕方だったので特に長居できるわけでもなく、お店もなにがどこにあるのか分からないので、とりあえず、とらのあなに行きました。立川店は最近オープンしたそうなのでせっかくなので逝ってみよう!ってノリでした。あいぽんちゃんで地図を見ながら向かったのですが、あらあら結構雰囲気が裏通りっぽいところにありました。


うーんせっかく新店なのに立地がなんとなく悪い気が…。まあでも千葉住まいのぼくが気にすることでもないか。


たぶん立川の滞在時間は30分くらいで離脱。ここから中野へ向かいます。
ですがここで問題発生。


なんか知りませんがここで乗車した中央線の車両の冷房が妙に寒い。
寒すぎる。


中野まで乗っていた時間は30分くらいだったと思うんですけど、限界まで体を冷やされてしまってぼくの体調は一気に悪くなってしまいました。


中野駅に到着したはいいものの、すでに満身創痍というかふらふらな状態。寒くて仕方が無い。どこかで温まりたいんですけどなんか吐きそうだし。でもせっかく来たんだし、歩いているうちに体調が元に戻るかも!そう思ってぼくはブロードウェイ方面へ歩きました。


しかし、3階のまんだらけにたどり着いたころには、もう限界でした。体調が良くなるどころか悪化しちゃったので、ぼくは一目散に駅へと向かい、一気にそこから千葉まで帰ってしまいました。


なんだか雨に降られちゃったり、無駄に勘違いして歩きつかれちゃったり、最後の最後で体調が悪くなって逃げ帰るっていう散々な小旅行でした…。


三連休2日目の日曜日。
この日は、プニル殿とりん先生の三人で、池袋で遊んじゃおう!ってことでオフってきました。


12時に池袋駅で待ち合わせをして、メイド喫茶へ。
この日は学園祭イベント中で、男装コスイベント中(だったっけ?)でした。


ぼくはランチメニューのそばめしと、


Img_1073



あと紅茶とケーキを注文。


Img_1077


この紅茶がね、すんごいおいしかったんですよ。はじめてハチミツを入れて飲んだんですけど、すっごいおいしいのこれ。もうおいしすぎてごっくごく飲んじゃいました。


メイドさんもすごく気さくに話しかけてきてくれてよかった。
なんと東方をご存知で各作品とかキャラクターの話までできちゃってすごく面白かったですね。どの子が好きなんですかって聞かれたので、橙ちゃんですって答えたらメイドさんが、


「ロリコンですね~」


ぼくは「^v^;」ってなってたけれど、楽しかったです。


そしてこのあとは三人で君の名は。を観に行きます。が、上映時間まではあと二時間以上あります。


ぼくらはとらのあな池袋店で時間をつぶすことにしました。好きだねーーとらのあな。


まさかとは思ったけれど、本当にとらのあなで二時間もつぶせるとは思わなかった。今思い返すとすごいなあ。ぼくらどんだけ同人誌好きなの…。


そして君の名は。観賞。ぼくは三回目でした。
上映中は相変わらず観客のマナーが悪かったのですが、プニル殿がクライマックスに差し掛かるあたりで突然立ち上がってとこかへ行っちゃったところが、個人的には映画よりもクライマックスで面白かった。


あとで聞いたら、どうしてもお花が摘みたくて仕方が無かったそうな^v^


そのあとはファミレスにて、ひたすら語り合ってました。やっぱり2,3時間いたのかな。今日は早めに帰ろうかなんていってたのに、結局終電1時間前くらいまで盛り上がっちゃいました。


お2人とも、楽しい意時間をありがとうございました!楽しかったですっ!


三連休3日目月曜日。
はい、ぼくはここで風邪をひきました。完全に風邪です。


前の日から背中が非常にだるかったり、声が出なくなってきたり前兆がありましたが、やっぱり風邪でした。不思議なことに、のどは全然痛くもかゆくも無いのに声はかすれて咳がちょう出るという症状。からだのだるさも半端じゃない。


連休最終日は寝込んで終わってしまいました。しょんぼり。


連休明けて火曜日に病院に行ったのですが、疲れから来る風邪だと言われました。
なにか生活が乱れることをここ最近にしていなかったかと聞かれたので、たぶんあれですね。


幼猫跋扈のときの原稿しているときだきっと。あの地獄の2週間の疲れが今になって出てきたということか…。時間差で疲れが来るとか、歳をとっちゃったなあ…。


気持ち的にもすごく落ち込んじゃって体調も最悪だったので、お絵描きをする気力も無く今日まで過ごしてしまいました。


一番最悪だったのが、16日の日曜日に開催された秋季例大祭に参加できなかったことです。体調はともかく、声が出せないから人に会えないのがつらかったです。


ですがこの前の土日に我慢して自宅療養した甲斐があって、ようやく体調が回復してきました。まだ少し咳が出て声も本調子ではありませんが、もうちょっとで治りそうだし今日からまたお絵描きしたいな。


今度の日曜日のコミティアには絶対参加したいし、例大祭で買い逃した本も帰りに買いにいきたい。


はいまたしても長文になってしまいましたが、とりあえず以上、ぼくの近況でございました。



また時間を作れたら更新しまーーす。


ではまた。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月 6日 (木)

うちの子2人目

こんにちは。ぴらです。

前回は小説のような長ったらしい駄文だけの更新だったので、今回の更新では絵をたくさん入れていきたいと思います。

まず、タイトルからも分かるとおり、葉織ちゃんに続いて2人目のうちの子ができました。
Photo
花織(かおり)ちゃんです。

日ごろからむっつりしてて何を考えているのか分かりづらい子ですが、しっかり者の妹ちゃんです。お姉ちゃんのことが大好き。大まかな設定は考えたのですが、まだまだ描き慣れていなかったり、うまく文章にできないところがあったりするので、こういうところを漫画にしていきたいですね。

大昔に描いた原型がもともとあった葉織ちゃんと違って、この花織ちゃんは最近生まれた子です。8月のコミティアに参加した帰りに秋葉原でとんかつ定食を食べながら思いついて、そのあと幼猫跋扈の原稿をしながら頭の中であれこれ考えて3週間後にようやく形になった…感じです。

悩んだのはなんといっても制服。「小さいけれど大人びている」印象にしたかったので、
アニメでよくあるような派手な色や奇抜デザインではなく、どこか普通に、現実でありそうな制服にしたくて悩みました。今のぼくにはこれが精一杯。でも楽しく描けました。

これからは姉の葉織ちゃんといっしょにたびたび登場すると思いますので、よろしくお願いします。


花織ちゃんの実装(?)に伴って、葉織ちゃんの制服も考えることにしました。

Photo_2
葉織ちゃんはセーラー服。普通の公立中学校に通っている設定なので、少し地味目のデザインにしたつもりです。


バッグの肩掛けができないというのは、ぼくの記憶だと中学校のカバンが大きめな印象だったことに由来しています。男の子が使っているスポーツバッグ並に大きいんですよ。葉織ちゃんは小柄な子なので、カバンが相対的に大きすぎて肩にかけられないという設定です。まだちょこっと微調整するかもしれませんが、全体イメージはこれで。葉織ちゃんの場合は普段着のパーカーオーバーオールばかりであまり制服の出番がないかもですが…セーラー服を着せてあげたかったので描きましたはい。

Photo_3
ただの棒立ち絵でも姉妹並べてみると面白いですね。なんか表紙っぽい。
いずれはちゃんと本にできるように、もっとこの子達を描いてあげたい。



話は変わって、ここからは近況を少し。

今月に入ってからめっちゃ映画を観に行きまくっています。

○君の名は。(2回)

○シン・ゴジラ

○聲の形

○闇金ウシジマくん3

君の名は。は、3回目をいつ観に行こうか迷っているくらい面白いです。これはBD購入決定ですね。


ただ、君の名は。は、観客の質がよろしくないですねえ。すごいヒソヒソしてるひと多いの。聲の形やガルパンなどの劇場アニメではまったくなかったのに、君のは。はひどい。あまりこういう差別的な発言はしたくないのですが、オタクのひとたちよりも一般のカップルの方々のマナーが悪すぎるよ。お話をするのは映画が終わってからにしてくださいな。

という愚痴です。

こういうマイナス要素があっても、作品自体は大変すばらしいのでおすすめです。

7月から9月の頭にかけてまでずっと休日は缶詰だったので、反動なんじゃないかってくらい映画観てます。今月は朝井リョウ先生原作の何者とウシジマくん4を観に行きたいなあ。

結局夏は旅行に行けなかったけれど、最近は休みの日にお出かけを、引きこもりのぼくにしてはかなりしている気がします。先週の日曜日にはお友達と一緒にメイド喫茶に行ってきちゃいましたし。メイド喫茶に行くのは10年ぶりとかだったので、なんだか新鮮で大変楽しかったです。メイドさんはやっぱりかわいい。そのあとすごいおいしい焼肉(食べ放題じゃないやつ)食べに行ったり、なかなか幸せだったのですが、写真を撮る習慣があまりないせいで、ここに載せる写真が無いんですよね…申し訳ないです。



明日が終わればまた三連休なので、どっかまた遠出してみたいところ。

10月になりましたが、今月も特にサークル参加の予定はありません。
なので、秋例大祭とコミティアは一般で参加する予定。楽しみだなあ。



今月ものんびりな感じなので戦車道をするくらいしかやることがありませんが、適当にらくがきが溜まってきたらまた更新していきたい。


ではではまた。

| コメント (2) | トラックバック (0)

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »